座りっぱなしの生活は老けやすい?

現代日本のビジネスマンやOLはデスクワークが占める割合が大変多く、

 

座っている時間がどんどん長くなっているといわれています。

 

一日に8時間以上机にむかっているという人も珍しくありません。

 

座りっぱなしのセデンタリー・ライフスタイルはタバコ同様に老いを早め、ガン、

 

糖尿病、心血管障害、慢性呼吸器系疾患などを引き起こす原因となっているとい

 

うリサーチ結果も報告されています。座ったまま動かないセデンタリー・ライフスタ

 

イルを続けていると、運動しても痩せにくい、腰痛になりやすい、集中力の低下な

 

どが弊害が指摘されています。

 

af9920074267l

 

健康な体を維持し、仕事の能率をあげるために

 

も、意識的に体を動かす努力が必要です。そうは言っても無理な運動では長続き

 

しません。仕事の合間にストレッチをするなど手軽な運動から始めるとよいでしょ

 

う。また楽しくなければ続きません。昼休みに同僚とバトミントンを楽しむなど仲間

 

と一緒に運動すれば、より楽しく続けることができます。目標を持つことも大切で

 

す。小さな目標を達成したら自分にご褒美をあげるのも一案です。やる気を引き

 

出す助けになり、モチベーションの維持につながります。セデンタリー・ライフスタ

 

イルからの脱却で、健康長生きで充実した暮らしを勝ち取りたいものです。

 

 

 
医療事務