赤筋とは

 

 

白筋とは速筋のことです。これに対する語が赤筋で、遅筋のことを指します。

前者は瞬発性の強い運動に適した筋肉です。特に陸上競技の短距離ランナーであれば、筋肉が隆起した姿をして爆発的な運動に向いてます。

 

後者の場合は持久性を要する運動に適した筋力なので、長距離ランナーのようにほっそりとした姿をしています。

別の言葉で言い表すと、前者は瞬発力旺盛な無酸素運動で、エネルギー源は糖です。後者は持久性の高い有酸素運動で、糖の他に脂肪もエネルギー源として消費します。

 

 

いずれのアスリートにもそれぞれの運動にふさわしいノウハウがあります。そしてかつてはいかにそれが精神論に支配されていたとはいえ、今では科学的なトレーニングが確立しています。

 

 

特に運動をしない人でも、健康を維持するためにダイエットを始めるのが良好です。当然食事制限とセットになりますが、運動不足を感じているのであれば現在の体型や健康状態に関わらず始めるべきです。そして手軽に行えてなおかつ効果が非常に高いのが、有酸素運動です。これは非常に手軽に行うことができ、散歩・自転車運転・ステップマシーンなど、身体に負担がかからないような運動を30分行えば十分です。一番適している時間帯は、なんといっても朝食前です。このタイミングであれば血中の糖分が非常に少なくなっているので、動き始めて20分を過ぎた辺りから体脂肪が燃え始めます。

メカニズムは運動を開始して体脂肪から分解された脂肪酸が筋肉に吸収され、運動とともに供給される酸素を燃料として燃焼するのです。事後には多めの水分を取ります。燃焼して出た燃えかすすなわち老廃物を洗い流すのです。”