筋トレは毎日よりも2日おきが効果大

筋トレは毎日よりも2日おきが効果があります。これは、超回復の原理に基づくもので、トレーニングをして48時間~72時間経つと大きく筋肉量が増えるというものです。毎日トレーニングを行うと、超回復が行われるまでに筋繊維が壊され筋量が増えません。そして休息を取りすぎると一度増えた筋量がだんだん減ってしまいます。しかし、これはあくまでも基本的な考え方で、例えば1日目に上半身を鍛え、2日目で下半身を鍛え、3日目に休息を取り、4日目にまた上半身を鍛えることで超回復に基づいたトレーニングをすることができます。このトレーニングも筋繊維が切れるくらいのトレーニグでないとあまり意味がありません。この超回復は、筋繊維の修復時に起こる現象です。しかし、オーバートレーニングで筋肉痛になり2~3日経ってもその痛みが取れない場合には、トレーニングをせず休息をとる必要があります。このような状態の時は、トレーニング量を減らす対処が必要になります。あくまでも、筋繊維が切れて、48時間~72時間で筋量が増えるようなトレーニングが必要になります。このトレーニング量は、個人差があるため一定期間トレーニングをする上で、自分の体の状態を見ながらトレーニング量を決めていくことが大切です。

 

af9920074267l